レディー

PMSから起こる症状を改善しよう|必要な栄養素で体の不調を回復

ガマンしないことが大切

悩む人

年代による違い

月経前に様々な症状が現れる「PMS」ですが、その症状は年齢により異なると言われています。20代の頃には乳房のハリや下腹部痛、頭痛など体の不調が多く現れるのに対して、30代では、体の不調に加えて精神的な症状も現れることが多くなるようです。PMSはストレスが大きな影響を与えているとも言われていますが、30代は仕事や家事、育児など様々な事を一度に行う必要があるという人も多い世代です。そのため、PMSの症状が重く感じるという人も多いようです。なお、PMSの症状は出産の経験がある人は精神的な症状が多く、そうではない人は体の不調が多く出やすいという特徴があります。年齢に合わせたケアが必要となると考える必要があります。

PMSの症状を感じた場合には、動きたくないと感じている人も多いようです。無理をする必要はありませんが、軽い運動をすることにより、良い気分転換となることもあります。また、軽い運動をすることで、血行が良くなりむくみなどの悩みを解消することが出来る場合もあります。運動と言っても、軽いストレッチをしたり、ゆったりとした呼吸で行うヨガ、軽い散歩などでも十分です。注意するべきこととしては、無理に行わないということです。症状が思いという場合には、医療機関を受診し、症状に合わせて医薬品を使用するということも検討するようにしましょう。体質により、効果には差がある場合がありますので、医師・薬剤師に相談するようにしましょう。