厳しい状況

高齢化社会に伴い、現在介護福祉士や介護士の数が足りない状況です。しかし、応募を検討している方はいて、中には介護の仕事に興味を抱いている方も少なくないですから、Q&Aを見て疑問を解消しましょう。

みんなのQ&A

介護士と介護福祉士の違いはなんですか?

介護士は、大きく介護の仕事をしている人として使われることが多いです。介護職員初任者研修、実務者研修の一級が新たに新設されました。誰でも気軽に受けられる認定試験があるのも魅力です。一方、介護福祉士は介護の仕事の中でも唯一の国家資格が必要となり、目指すには介護福祉士養成学校の卒業が必要です。

資格取得は必須ですか?

介護の求人を見てもわかる通り業界未経験者や無資格の方も見習いや補助という立場で仕事ができます。ただ、介護の仕事で立派になりたいのなら介護職員初任者研修の修了を要します。

サイトの方が効率探せますか?

バイトにしても介護の求人にしても、便利に探せるのはやはりネットでしょう。お手持ちのスマホで求人探しと応募ができるので手間をなくしたい人に最適です。

介護福祉士は資格が必要!求人サイトのサポートを受けて就職しよう

介護

それぞれの仕事内容

介護士の仕事は、おむつを取り替えてごはんを食べさせる。介護の仕事はこれらがメインと考える人も少なくありません。また、高齢者の生活を支える上でこれらの介助はとても重要といえます。しかし、介護保険を使った仕事においては高齢者の自立を手助けすることが大本です。そのため、そういう仕事でスキルアップがしたい、施設利用者がイキイキとした生活ができるようにしたいといった思いのある人が求人に応募します。一方、介護福祉士の場合は、訪問介護や身体障碍者施設での業務、在宅介護者向けの指導やアドバイス、相談など業務内容は多岐にわたります。介護のプロとしてもう一歩先に行きたい方は、必ず目指すようです。

別の道を進むのもいい

業種は違いますが、介護の他に広告の仕事や、セレモニー関連の仕事、物流関連など介護以外にも求人は沢山あります。条件検索を使えば、青森だけでなく他の地域で探すことも可能です。介護施設で活躍する看護師を目指すのもありでしょう。これまでの経験を活かすチャンスです。

求人探しに特化したサイト

無資格未経験でも業界に飛び込める介護ですが、将来資格を取りたいと考えて就職する方もいます。そのような方のために資格の勉強をしながら働ける環境を用意しているところもあります。また、求人探しから面接の攻略法まで教えてくれる職業紹介所もあるので、みっちりサポートを受けたい方は利用すべきでしょう。

転職は決して怖くない

違う職場で心機一転頑張ることは別に悪いことではありません。仕事にも合う合わないがありますから、仕事内容をしっかり確認して応募しましょう。

熊本の医療事務求人をいくつも紹介中!

広告募集中